よくある質問

q01.png

通常正常な水槽であれば汚れてくるのは仕方の無い事と覚悟しておいて下さい。問題は明らかに汚れやコケがひどいときです。1週間に1度程度で美感に差し障り無いなら問題なしとしますが、ふいてもふいても・・・というときはろ過の方に問題があるかも?

q02.png

海水魚である以上、あの大きな海で育ってきたわけですからあまり狭いところに入れられるとストレスを感じる場合もあります。最近は水槽で養殖されたものも出回るようになっています。これらは魚種がまだ少なくコストが高めですが、人に慣れていて飼育がラクです。

q3.png

魚の組み合わせ、入れた順番、サイズの違いでもケンカは起きます。また水質が悪くてもケンカが多くなります

q04.png

上記Q3と同じ質問理由で食べなくなる事もあります。

q5.png

珊瑚は、魚よりも水質や温度などに敏感な生き物です。だだ管理をしっかりしてやれば長期飼育できるものもたくさんありますので、詳しくはご相談ください。

q6.png

どんな魚、サンゴであってもなぜ死んでしまったかについて結論、仮説をもって購入にあたらないとまた死なせてしまうでしょう。お電話や来店時にスタッフにご相談下さい。水槽の状態や環境についてお伺いし、改善策を考えましょう。死んでしまったから、水槽に何か入れないと寂しいから、という購入動機だけでは魚たちがかわいそうです。

q7.png

正確には密閉型圧力式ろ過器。上部フィルターやオーバーフロー濾過槽などと違ってろ材やそこを通る水が密閉された状態のものを言います。

密閉型とは一般的にエーハイムに代表されるようなスタイルですがそれらは圧力式ではありません。水槽からサイフォンの原理で自然に落ちてきた水がろ過機内を通過しているだけです。

これを加圧状態で動作させる事によりろ材の隅々まで完全に通水しろ材の運用効率をほぼ100%にでき、よどみのエリアにゴミがたまりません。(病気の元になります)

また完全通水できることを利用して逆流洗浄も行えろ過器を開けることなくろ材の洗浄ができます。

このページのトップへ

天然海水